子どもたちの個性を最大限に引き出す園内研修について

保育園内で行う「園内研修」のうち、
具体的な問題の一例として、「それぞれの子どもたちのニーズに対応する方法」について取り上げて行きます。

この研修は、どの保育士にも必要かつ取り入れることに難しさを感じているのではないでしょうか。

保育園での日々の業務は、常に子どもたちの個々のニーズに対応することが求められます。
当たり前ですが子どもたちはそれぞれ異なる背景を持ち、異なる成長段階にあるため
一日を通して、それぞれの子どもに合った対応が求められます。

この事実に改めて向き合う園内研修として、
以下のステップを考えてみてください。

1:
まず、”子どもの成長と発達の理論”を深く理解する必要があります。
行動や感情、学習の進め方を見据え、それぞれのニーズに対応するための知識を得ることで
それぞれの子どもの理解を深めます。

2:
次に、実際のケーススタディに合わせて具体的な状況に適用する方法を学ぶことが必要です。
実践に移すことで、頭の中にある理論を現場での実践に結び付けることができます。

3:
更にそれを保育者全員で共有することで、
他の保育者がどのように子どものニーズに対応しているのかを知ることができ
新たな視点や方法を見つけることができます。

以上のような園内研修保育の流れを踏むことで、
子どもたちの個々のニーズに対応するためのスキルを磨くことができ
子どもたちへのより良いサポートを提供するための基盤となります。

実際に園内研修を行う際には、
保育者のニーズや保育園の目標を明確にし、
それをベースに研修の内容や方法を選ぶことが必要です。

研修の効果を最大化するためには、
目標を対して研修の成果を評価し、改善のためのフィードバックを提供することで
各保育者のスキル向上に繋がっていることを確認しながら
取り組んでいけると良いでしょう。

子どもたちそれぞれの成長と発展を、最大限に引き出せる環境を提供することが、
私たち保育者の最大の責任であり、楽しさであることを認識し
園内研修に取り組んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次